パフィール

パフィールお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

パフィール

このページは「乾燥と温度の関係 」の情報コンテンツです。
パフィール > 乾燥と温度の関係

豆知識

お部屋の乾燥防ぐには?

寒い時期にはどうしても暖房をつけますね。室温は暖かくなって快適に過ごせますが、どうしても気になるのが乾燥。冬の外気は特に乾燥がひどい季節ですが、暖房で更に乾燥をさせてしまうと風邪などウイルスが飛散しやすく、女性はお肌のかさつきが気になりますね。さて、お部屋の乾燥を防ぐにはどんな方法があるでしょうか?

パフィールで乾燥を防ぐ

ご自宅でお休みの日、暖房をかけて暖かいお部屋で薄着で過ごされていませんか?乾燥が気になると言っても加湿器を付けているので大丈夫!なんて声が聞こえてくるかもしれませんが、、そもそもエアコンでお部屋が乾燥するのは何故でしょうか?実は乾燥には温度の状態が重要になります。夏、冷たいグラスを机に置いておくとグラスに水滴が付きますね。これは夏の暑い空気がグラスの冷気で冷やされたことで、空気中の湿度が上がったことを示しています。

といっても、どこかから水がでてきたのではなくあくまでも空気中の水の量は変わりません。つまり、空気は冷やされと持っておくことができる水の量が減るため水滴として水が発生します。つまり、湿度が高まるのですね。その逆も同じような現象が起きますので、お部屋の空気の水の量は変わらないのにエアコンで空気が温められると、空気が持っておくことができる水の量が増えるため、湿度が低くなってしまう。そして乾燥を感じてしまうのです。

加湿器などはこの空気中の水の量を増やすことで乾燥を防いでいますが、そもそも空気の温度を温めないですめば乾燥を防ぐこともできるのです。そこでオススメしたいのがご自宅でもパフィールを着て暖かくすることで、エアコンの設定温度をいつもより低くしませんか?お部屋の空気がいつもより温められな状態ができれば、少しでも湿度を下げるのを防ぐことができます。

パフィール 激安通販